消費税が導入されて、3度目の増税が2017年に行われるニュースを見て、低所得者に対して優しい政策を練る事が条件であると思います。消費税は国民の全員に同じ割合として負担する税制なので、高所得者ほど負担感が少なくなります。従って、低所得者ほど税金の負担感が増していくので、逆進性が問題になっています。

税金は全ての国民に平等性の観点がある事から、政府は低所得者に出来る限り税金の負担を少なくするために軽減税率の導入を検討しています。軽減税率はヨーロッパ各国で導入されていて、消費税率の高い国では平等性の意味から賛成と言える税制であると思います。

食料品や日用品は人間が生きていくために欠かせないので、一律に10%の課税をしないで、低所得者のために生活必需品を中心に課税の割合を減らす事は大切です。しかし、現時点で商品による軽減税率の見極めが定まっていない事から、3度目の増税の時に確実に軽減税率を導入する事が決まっていないです。プロミスの自動契約機の中身について

軽減税率を導入するとしても予算が掛かるなどの、問題点があって、仮に導入されない場合は低所得者に対する別の救済措置を考えなければならないです。人が人間らしく生きるためには税金を取るばかりではなくて、低所得者のために税制を改革する意志を持つ事が政府に求められます。

金融機関に預けられてから10年以上出し入れがなく、持ち主が現れない休眠預金を福祉や教育に役立てるいう、「休眠預金活用法」が国会に提出される予定であるということですが、本当に持ち主がいないのか、きちんと調べて活用するシステムがあるのならば、いい法案だと思いました。

以前、遺産相続をした時に、家族がある同好会名義で郵便貯金をしていたことを知り、その通帳を郵便局に持って行きましたが、他の会員に引き継ぐことも解約することもできませんでした。同好会名義なので、同好会の会員である証明ができないとだめだというのです。しかし、昔、その口座を作った頃は郵便局は何も調べずに無条件で口座を開設してくれたので、同好会の会員であることを証明できる人は誰もいないのです。誰もおろすこともできない、解約もできない口座はずっと放置されています。郵便局員は昔はルールなんてなかったので、こういうことはよくあるんですよ、と言っていましたが、郵便局側の責任も大きいと思います。フリーローン審査

このように、放置されていてどうにもすることができないお金を困っている人のため、特に福祉や教育に使うのはとても良いことだと思います。ただ、活用する前に、本当に持ち主がいないのか、金融機関は持ち主を見つける努力をきちんとしてから活用をしてほしいと思います。

そして、福祉や教育という名のもとにバラマキをするのではなく、差し迫っている子どもの貧困のためなどに活用してほしいと思います。

クレジットカードは利用すればポイントが貯まり、貯まったポイントは景品や現金と交換できたり、インターネットショッピングで利用できたりととても家計に助かります。

クレジットカードを選ぶ時のポイントとしては、知っているとお得です。テレビCMでも有名なプロミスです。プロミス審査を利用する最大のメリットは「安心感」です。

ご自身が良く利用するお店のカードを作るというのが基本ですが、ポイントの還元率で選ぶのも良いと思います。

その場合は他店やインターネットショッピングで利用した時にどのくらいにポイント還元があるのかを確認しましょう。

例えば、インターネットショッピングの楽天市場を良く利用される方は楽天カードがオススメです。

通常1%のポイントが貯まるのですが、楽天市場で利用すると2倍のポイントが貯まります。

貯まったポイントは1ポイント1円で楽天市場のお買い物で利用が可能です。

海外旅行へ行かれた時の傷害保険や盗難保険も付いているのでとても安心です。

気になる年会費ですが、条件なしで永年無料になっているのであまり利用されない方でも持つことができます。

クレジットカードを何枚も利用している方がいらっしゃると思いますが、1枚か2枚にまとめてポイントを貯めていくほうが良いと思います。

公共料金や携帯電話の使用料、家賃の支払いなどの固定費にも利用してポイントを貯めていくととてもお得です。