このところのニュースには、もう”うんざり”しています。いつまで、続くのでしょうか。森友学園問題では、”お金のやりとりは、どうだったのか”など…。もう、恐らく追求していても時間の無駄でしょう。このタイプの審議には、過去にもはっきりとした事実が出てきた例は、なかったように思います。国会の大切な審議時間を浪費しているとしか思えません。真実が語られない審議に、何の意味があるのでしょうか。ほとほと疑問です。
 しかし、この問題で疑問に感じるのは”総理婦人”の事。何故、あれほど”総理婦人”は前に出てきているのでしょうか。今後の選挙の為でしょうか。”総理婦人”として活動する事が、”総理”に危険が及ぶ事になるかもしれないと、危惧する事はなかったのでしょうか。”総理”が実現したい、政策を実行する事さえも難しくなるかもしれない。という事は予見できなかったのでしょうか。とても、不可解です。
 その他、”豊洲市場移転”問題も浅はかなものでした。前石原都知事の”私は、細かい詳細は知らなかった…”などの発言。長らく、政治の世界で活躍してきた方の言葉とは、とても思えないものでした。分からないのに、何故、”最終責任者”として、”判”を押したのか…。もしかすると、自分に危機が及ぶかも知れないのに…。あまりにも陳腐。しかし、百条委員会が行われたのはとても意義のあった事だと思います。こうした、”判”を押す意味の分からない方が歴代の東京都知事であった事。都知事は、”お飾り”にすぎない事。などが明白となったように思います。今後の”都知事選”では、都民の方に、慎重な投票をお願いしたいです。消費者金融 審査
 以上の2点の問題から、国を良くする”本当の意義”が投げかけられているようにと感じます。いつまでも、こんな事を繰り返していてはいけない。今後、どうするのか。新たな方向性を探る”時”が来ていると思います。

現在、国内のニュースで注目されているのは、森友学園と、築地の移転問題だろう。どちらも生中継で承認喚問の様子が流れている。森友学園は騒動になるまで存在すら知らなかった。教育勅語は時代錯誤ではあるが、国家を愛する教育方針は賛同できる。だからこそ、お金の問題は非常に残念と思う。
築地の移転問題は、石原氏の責任を問いただしたところで問題解決にはならないと思う。
当時、築地をリニューアルするのではなく、なぜ豊洲への移転にこだわったのかが謎である。
これからも豊洲にお金をつぎ込むことになるのだろうか。私は築地市場が好きなので、ずっと築地を存続してほしいと思ってしまう。オリックス銀行カードローン 審査
世界のニュースを見ると、イギリスのテロのニュースが飛び込んできた。とても悲しくなる。ヨーロッパでは、増え続ける難民や移民が問題になっている。ヨーロッパでイスラム系の人々は増えつづけており、すべてを受け入れるのはむずかいと思う。難民を保護できる、国家のようなものがあるとよいのではないかと思ってしまう。
日本も、外国人が増えてきているので、参政権の問題などヨーロッパを注視しながらしっかり考えていかなくてはならないと思う。悲しい事件が減り、平和な世界になるように願うばかりだ。