0

1票の格差是正には合区しかないのか?

Posted by ネコ侍 on 2015年10月10日 in 未分類 |

1票の格差是正が選挙のたびに話題になっています。最高裁判決でついに「違憲」が出て、「違憲状態」よりも踏み込んだ判断ということで、とうとう合区が決まった地区があります。

自分が住んでいる県から代表者が出ないところが出てくるのです。地方の声は、ますます中央に届かなくなります。今回は、そうした意見を自民党も持っていたようですが、最終的に合区が決まりました。

合区が定着するのでしょうか。都市部は議員が多い状態が続くのでしょうか。最近、最低賃金の問題にしても、福祉サービスにしても、第一、投票所の設置自体においてすら、地方は皺寄せを受けていることが多すぎると感じます。

地方に住んでいると、本当に不便です。地方でも、郡部に行けば行くほど不便です。そうした不便で困った生活を改善してほしいと思っても、誰に訴えれば良いのでしょう?

議員も、一旦都会に出てしまうと、普段は、地方のことを忘れたように行動している姿を、地方の人間は見慣れていますが、それでも、選挙の時だけは、票が欲しくて、地元の声を聞こうとします。そうしたわずかな機会すらなくなる地域が出てくるのです。

都会とさまざまな事情が違う地方。そうした地方に住んでいる人間の声はどんどん小さくなっていく危機感を感じます。合区は、反対です。プロミス審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2015-2017 プロミスの審査を申し込んでみた! All rights reserved.
This site is using the MultiBusiness Child-Theme, v3.1.4, on top of
the Parent-Theme Desk Mess Mirrored, v2.4, from BuyNowShop.com