0

生活保護法の改正に関する私の考え

Posted by ネコ侍 on 2015年6月29日 in 未分類 |

生活保護受給の不正が際立って、政治の一環として生活保護法を改正した事で、受給する条件が一段と厳しくなりました。一方で、保護費を受給する人の増加で財源が圧迫したり、パートやアルバイトで生活する人の収入に関するギャップが問題となって、支給額を削減しています。苦労して働いても手取りで10万円程度にしかならないで生活が厳しい人も多い中で、労働をしている人よりも、多く貰える生活保護の額に関して問題となりました。従って、支給額の是正をして労働者と不平等にならないように将来に渡って受給する額の減額の検討をしていくと思います。

憲法25条には生存権が示されていて、人間らしく生きていくための条文を示しています。生活保護法の改正によって、本来生活が困窮してお金を必要としている世帯に行き渡らないようになる事が重大な問題点です。

不正受給をした人に対して、罰金の額を100万円に引き上げるなどのを厳罰化は良い事です。しかし、流行していた生活保護の申請を水際作戦で却下する作戦が復活したり、扶養者などの様々な理由で、本来受給するべき人にお金が行き渡らないような事がない事が前提です。生活保護はあくまでも自立を促していくための制度なので、生活の立て直しを主眼として改正をしていく事が本来の改正の意義です。カードローン即日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Copyright © 2015-2017 プロミスの審査を申し込んでみた! All rights reserved.
This site is using the MultiBusiness Child-Theme, v3.1.4, on top of
the Parent-Theme Desk Mess Mirrored, v2.4, from BuyNowShop.com