0

消費増税を行う際に優先する事とは

Posted by ネコ侍 on 2015年6月17日 in 未分類 |

消費税が導入されて、3度目の増税が2017年に行われるニュースを見て、低所得者に対して優しい政策を練る事が条件であると思います。消費税は国民の全員に同じ割合として負担する税制なので、高所得者ほど負担感が少なくなります。従って、低所得者ほど税金の負担感が増していくので、逆進性が問題になっています。

税金は全ての国民に平等性の観点がある事から、政府は低所得者に出来る限り税金の負担を少なくするために軽減税率の導入を検討しています。軽減税率はヨーロッパ各国で導入されていて、消費税率の高い国では平等性の意味から賛成と言える税制であると思います。

食料品や日用品は人間が生きていくために欠かせないので、一律に10%の課税をしないで、低所得者のために生活必需品を中心に課税の割合を減らす事は大切です。しかし、現時点で商品による軽減税率の見極めが定まっていない事から、3度目の増税の時に確実に軽減税率を導入する事が決まっていないです。プロミスの自動契約機の中身について

軽減税率を導入するとしても予算が掛かるなどの、問題点があって、仮に導入されない場合は低所得者に対する別の救済措置を考えなければならないです。人が人間らしく生きるためには税金を取るばかりではなくて、低所得者のために税制を改革する意志を持つ事が政府に求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Copyright © 2015-2017 プロミスの審査を申し込んでみた! All rights reserved.
This site is using the MultiBusiness Child-Theme, v3.1.4, on top of
the Parent-Theme Desk Mess Mirrored, v2.4, from BuyNowShop.com